ヨガの郷・・・つむぎ・・・

秋田でのんびりヨガとリフレクソロジー(フットケア)。りっちょん(息子)としおっち(娘)とよっちゃん(連れ合い)とのつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甲状腺ネタ 2

甲状腺疾患をもつ友人が市内の病院の定期検診に行ったとき
ついでに私の症例も聞いてくれた。

『えっ?ほんとにその子は7ミリで細胞診したの?』
『よくわかったねー』

とな。
※細胞診は、注射器で直接腫瘍を吸い取って悪性かどうか検査するもの。

そこの病院は、このての専門性がある病院で、学会?協会?にも加入していて信頼もできると。
ここでは、腫瘍サイズが1㎝を超えないと細胞診せずずーっと超音波などで経過観察をするそうな。

ということは、
私がもしここの病院にかかっていたら、
悪性かどうか待ったく分らなかったもの。

というとは、
他に、診断のついていない甲状腺疾患や
悪性腫瘍もちの潜伏患者さんが大勢いる可能性あり??
もちろん一概には言えませんが。

たまたま乳がん検診でついでに見てもらった甲状腺で
こんなことになって。
正直自覚症状がよくわからず、
私は痛みに弱いけど、疲れに気づきにくいとか?

再検査は産後落ち着いてからでいいと言われてても
出産までにさすがにはいこのままでとは
いかないので、一度くらいは
各種検査はしておこうと思います。
安心するのは一番産科医かな。

今通っている病院では、セカンドオピニオン的に信頼されるいい先生だそう。
最初の先生は、有名すぎて激混みでこと甲状腺についてはとても慎重派な先生だそう。

にしても
病院によってえらい見解がかわる
甲状腺はながーくつきあっていくものなのかな
はっきりとした自覚症状よくわからず
原因になったと思われるストレスとの付き合い方
遺伝は防ぎようない?

こんなキーワードが浮かんできた。

よっちゃんも今日病院行って
まだ回復には時間かかりそう。
北海道に知人の定年パーティ行く予定がドクターストップにより
また飛行機キャンセル(涙)キャンセル料~~

なんとなく今回の事件はこんな感じ落ち着いたところで
時間がたつのかなと思いながら。

今回の件でつらつら長く書いてしまいました。
色々心配して連絡くれたみなさまほんとありがとう!
また変化があったら発信していこうとおもいます。
スポンサーサイト
[ 2016/06/21 13:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

我が家の事件簿

あれからはや怒涛の10日間がすぎて・・
常に家でもひたすら動きまくる生活。
初めてお腹の張りも経験。あー張りってこういう事なんだなーと他人事。

私の病気をカミングアウトされたちょうど同じ日、
旦那も岩城の海で仕事中、腰の骨を折ってました!
第3腰椎の圧迫骨折。
なんともまぁ、事件の多い2016年上半期です。

しかも入院かと思いきや、
自宅療養。えーーーーーーっぶつぶつ。
おかげでその週末から嵐のような生活が始まりました。

居間にでーーんと大きい物体がごろんと横になり、
そこからかろうじてトイレだけは一人ではいつくばってもらい。
基本それ以外は全て寝てます。
っていうか、座れない立てれない。

5日くらいしてなんとか楽に立てれて一人で歩けるように。
10日くらいでようやく短時間座れるように。

いやー人間の支柱である背骨は大事ですねー。
本人は思ったより治るのに時間がかかること、
落ちまくった筋肉を悩んでいるみたいですが・・
まーまずはちゃんと骨が落ち着くのを根気強く待たないとね。

今となってはとりあえず落ち着きましたが、
ほんとうじうじ悩む暇もなく
目の前のことをただひたすらこなしていたような。

❤上半期事件簿いいことりすと❤
〇父親がなくなってしまっても・・
母親がかなり色んな意味でダメージ受けてしまったけど・・
仕事は継続できてるし、私ら姉妹間は特にもめることなく今まで通りいいかんじに。

〇私の病気
甲状腺がんの中でも比較的いい状態を保てる種類らしい。
抗がん剤もなく母乳育児できる。生き延びれたチャンス到来。
私の心や身体を違う角度から見れる絶好の機会!

〇よっちゃんのケガ
今回は労災なので、全てお金がおりる(笑)
中途半端な腰痛よりすっきりしてて、わかりやすい。
神経にはさわらず、脚がちゃんと動いてる!

〇友達は宝物
今回の件で、病院にまでつきあってくれたり
もてあましてるりくのためにファミリーで遊んでくれたり
専門的見解から相談にのってくれたり
早々にブログを読んで、連絡くれる親友。

子供はただらならぬ自体を察知し、献身的に旦那を介護。
出かけられないので、ひたすら紙相撲で遊んだり。

一人では生きていけないなーと実感。
ないものねだりより、
今の与えられた状況内で精一杯楽しめることこそ充実感を得られるような。
悪いようないいようなだな・・・・いや・・・いいのか。
[ 2016/06/12 23:36 ] 日々つれづれ | TB(0) | CM(4)

甲状腺ネタ 1

思いもかけない人たちからブログネタについて連絡もらい・・
とっても嬉しかった今日この頃・・・・

ようやく私の身体についてはっきりしてきました。
今回は長くなります!

去年11月頃、胸のチリチリや痛みなど自覚症状があったので
マンモかなりなやんだけれども、乳腺クリニックへ乳がん検診へ。

これについては問題なし。
ついでに甲状腺の超音波検査をしてくれた。
ここからが長~い闘いです。

血液検査計3回ほど。
その度に片道20分かけて病院→検査結果聞く。
結果『機能正常な橋本病』
これに関しては特に薬もなしで、経過観察くらい?
右葉に腫瘍があるので、細胞診しましょうとな。
これは直接注射器みたいなので腫瘍の一部を吸い取って、検査するもの。

結局紆余曲折あり、
産科でかかっている同じ市立病院の乳腺外科に転院することに。

細胞診すると、その細胞は悪性でした。
つまり、『甲状腺乳頭ガンの疑い』
治療としては全身麻酔で切除するか、
42歳以下、1㎝未満、リンパ節に転移がない場合経過観察できる
の選択肢が与えられます。

私のサイズは7ミリ。
産科医に色々不満はありそうでしたが、まずは経過観察し出産第一を選択しました。
疑いというのは、実際に全身麻酔して切除してからでないとガンかどうかは確定しないということ。

切除によって、ホルモンのバランスが崩れたり、
声が出にくくなったり、疲れやすかっり。
全身麻酔のリスクもあり。妊娠17週から麻酔は可能です。

まだまだ出産までの
甲状腺の検査フォローや腫瘍のモニターなど病院側とのやりとりで
一山二山ありそうですが・・・
なんとか赤ちゃんを第一に選択していこうかと思います。
病院側とのいざこざは、書くと長すぎるので気になった方私に聞いてください!

先生いわくこの腫瘍が出来るまでの年月をさかのぼってみると・・・
いやはや思い当たる節がありますなーー
これも私に与えられたチャンス!
この腫瘍をセルフケア等々で消してみせますわ。。。

ってやっぱり思いもかげず検査結果の呼び出しくらってからは、そりゃー
落ち込みすぎてもやもやすぎて、なんとやら。
怖いので友人にもついてきてもらってまで、病院に行きました。

結果聞いて、もやもやしながら昼食べてると、なんと・・・
よっちゃん職場の人から連絡あり
『腰を骨折したようで・・、詳しいことわかり次第連絡しますと。』
『へ?』
このもやもや悩みを一瞬でかき消す事件がありました。
次に続く。
[ 2016/06/06 22:51 ] 日々つれづれ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。