ヨガの郷・・・つむぎ・・・

秋田でのんびりヨガとリフレクソロジー(フットケア)。りっちょん(息子)としおっち(娘)とよっちゃん(連れ合い)とのつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼児安全法

たまにりくがお世話になる広場、カワベリア

たまたまだったんだけど、幼児安全法の講習を少し受講できました。

仕事柄、救命救急の講習やAEDの使い方など定期的に習っているんだけど。
今回はよくある講習ではなく
身近に起こりうる事故やけがの対処法を色々教えて頂けました。

包帯ではなく、身近にありそうなバンダナや風呂敷?でけがを覆う方法や
スーパーの袋で即席三角巾。
のどに詰まらせたときの対応など

とりあえずへーっとなった対処法。

◇大きなすりむきケガなどはとにかく綺麗に洗って清潔なガーゼやバンドエイドで覆う。
家庭にありそうな消毒液やアカチン?の使用は控える。

消毒は病院に行った際医師が必要とならば処置するので、そこに任せる。
簡単に消毒などすると、自己治癒力が衰える可能性あり。
小さなケガなどなら多少使ってもいいかも??

◇鼻血の止血には・・
少しうつむきかげんで鼻頭をつまみ、様子見る。
出てくる血をティッシュで押さえるのみ。
鼻の中にティッシュは極力つめない。

ティッシュの繊維が固まって肌に張り付く可能性あり、あまりよろしくない。

◇災害時に備えて避難袋の準備。
両手が使えるように必ずリュックで必要最低限のものを準備すること。

我が家は・・
水と火はあるんだけど・・
袋は準備していないから、見直さなきゃなーと思った次第です


教えてくれた先生の息子さんのありえないケガの話とか聞いていて
やっぱりきちんと対処できる人が身近にいると
こういう事故がふりかかってくるんじゃないかと妄想してみたり・・

参加したママと話しても
以前、実際心拍停止した人とかに遭遇したら
やっぱり足がすくんですぐには行動できなかったーとか
リアルな話。

あるよねー
スポンサーサイト
[ 2015/07/30 01:24 ] まなび | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。