ヨガの郷・・・つむぎ・・・

秋田でのんびりヨガとリフレクソロジー(フットケア)。りっちょん(息子)としおっち(娘)とよっちゃん(連れ合い)とのつれづれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少子化対策?

ある雑誌8月号に消滅可能性都市として2位87%の青森を大きくはなして96%で秋田がトップ!
米どころ大潟村を除いてほぼすべての自治体の存続が危ういらしい。
急速で少子高齢化がすすんでいる。
そこで、若者たちが中心となって地域再生の動きが活発化していると。

よくこの話題は耳にするけど、改めて数値で載せられると少し考えてしまう。

身近すぎるけど、私の周りで見事にみんな30歳前後と若くして3人目妊娠ラッシュが訪れている。
この差はいったいなんだろう?

特に秋田市内は行政管轄で室内遊び場がいっぱいあるし、
子供向けイベントもそれなりにある。
医療補助?子育て助成?
保育園も地域差はあれど、待機児童NO.1の世田谷区ほどではないだろう・・
なんだろうなー

わたしのことはおいといて(笑)
なんとなくだけど。
特にチェリッシュの場合!サークルのソトニコも少し近いかな。
みんながみんなの子供をみてる。

気にせず褒めるし、時には叱るときもきっちりとがっつりと。

その辺で子供が泣いてたら誰かが抱っこするし、
自分一人で全て我が子を相手しなくても、
誰かが相手してくれる時間が一日のうち少しでもあれば
ママは間違いなく楽になれる??

3人目が多いのはそんな環境にあるからかなー
とふと思ったり。
ここにいれば、勢いで子育て出来るかもとか・・
まー実際はたまたまでしょうが。

でもこんなコミュニティーはほんまいい意味で独特。
そしてエネルギー、バイタリティーはすごいの一言。
顔も分らない相手とSNSだけで繋がっている?
時代に必要なものなのではと思う。

もちろん仲間内ではLINE大活躍です(笑)

こうもデータと身の回り状況差があると疑問に思うよね。

育児分野だけでいうと、子供が小さいうちは資金よりも労力と時間が必要。
中高生くらいになるとえいっと経済力必要ですが・・
(家庭環境は省いてます。)

だから・・
よく行政で3人目資金援助やら色々するけど・・
根本的な改善にはつながらないような・・
気軽に頼めるベビーシッターさん制度をどんどん運用してはと。

働く人はどんどん外へ。
下の子大変な時には上の子みてほしいとか(逆もあり)。
ママの体調悪いときの救世主。
買い物、美容院行きたい!
きょうだいの行事がある時のサポート

などなど∞。

最近友達とよく話すこと。
子供をいろんな大人と触れ合わせるのって大事だよね。
スポンサーサイト
[ 2015/08/04 14:58 ] 日々つれづれ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。